常勤と非常勤はどちらが良い?

医師の働き方には「常勤(会社員で言う所の正社員)」「非常勤(パートやアルバイト)」の2種類があります。
会社員と同じように、正社員として一つの病院やクリニックで働く医師は身分や収入が保証され安定した生活が送れますが、その反面プライベートを犠牲にして病院や患者のために仕事をしなければなりません。

逆にパートやアルバイトの立場で働く医師の場合、決まった時間だけの拘束なので私生活や家族を大切に出来ます。
お子さんが小さい、親御さんの介護をしなければならない、家事が忙しいなどの理由がある医師は、アルバイトやパート勤務の方が都合が良いです。

このページでは、医師の二つの働き方について比較してみたいと思います。

医師の求人数 常勤と非常勤ではどちらが多い?


正社員として働く医師とアルバイト医師とでは、一体どちらの方が求人が多いのでしょうか?

実はハッキリとした事は言えない状況なのです
診療科目や地域によっても差がありますし、どちらがより数が多いかどうかは分かりません。

内科の場合はパートやアルバイトの方が求人数が多い傾向にありますし、外科や整形外科の場合は逆転します。
内科の場合は求人数そのものが多いため、どちらが有利とは一概に言えないのです。

福利厚生が手厚いのはどっち?


同じ病院に勤務する場合、正社員とアルバイト医師とでは福利厚生や待遇、勤務条件などに差が付きます。

とくに差が付くのが福利厚生でしょう。
常勤の場合は厚生年金や健康保険など社会保険に加入するのは当然として、さらに退職金制度加入各種手当(通勤手当・住宅手当)が加算されますし、賞与も支給されます。
これは大きいですね。

非常勤になると社会保険に加入させてもらえないケースもあり、自分で国民年金に加入しなければならない可能性もあります。
退職金なし、賞与なしの求人もありますので注意してください。

またアルバイト医師は、給与ではなく報酬という名目で病院からお金が振り込まれている場合、自分で確定申告を行う必要があるので要注意です

自由度が高いのはアルバイト医師


アルバイト医師は週3日程度の勤務でも入職可能なので、様々な職場を渡り歩く、または掛け持ちして仕事が出来るのが魅力です。
「若いうちに色んな職場を経験してみたい」という方にとってアルバイトの掛け持ちはたくさんの経験が積めるという点ではメリットがあります。

複数の職場をアルバイトで経験してみて、最も条件や就業環境の良い病院に正式に入職する方法もあります
正社員医師の副業先としても非常勤は魅力的です。