日本の中心”東京”の医師求人の特徴

厚労省がまとめた「医療施設動態調査」(平成28年)によると、日本の首都である東京には、大小合わせて約13,700件もの医療機関があります。
これはかなりの数です。
日本全体にある病院数が約109,570件となっているため、日本全体の病院(クリニックも含む)の約12.5%が東京に集中している事になります。

これだけの数の医療機関が集まっているわけですから、医師求人の数も東京都はトップクラス
医師としてスキルアップするため、高給与を狙うため、より条件の良い職場を目指して周辺地域や地方から多くの医師が集まってきます。
このページでは東京都の医師求人についてまとめています。

有名病院は倍率が高い


東京都には順天堂大学順天堂医院や東京女子医大病院、聖路加国際病院、東京慈恵会医大病院など、名だたる名医、有名病院が多数集まっています。
誰でも知っている有名病院で仕事をしようと思えばその倍率はかなりのもの。
相当な実力がなければ採用してもらえません。

その反面、都内には医師不足に喘ぐ病院やクリニックもありますので、都内でも地域格差があると言えるでしょう

とはいえ多くの医療機関が集中しているわけですから、転職しやすいエリアである事は間違いありません。
有名病院に拘らなければ転職先候補はどのエリアにも存在しますので、例えば地方のように「このエリアには求人が少ないので、この病院で我慢して働くしかない」といった事もありません。

ただし、求人が多いという事は条件に合う職場に出会えるチャンスが多いだけではなく、勤務環境の劣悪なブラック病院に当たってしまう確率も高くなりますので、選定時には注意が必要です

目的に応じて働く場所を変える


一般的に、医師も人によって働く目的が異なってくるものです。
自身のスキルアップのため、高給与を得るため、地域住民に貢献するため、患者のためなど様々。

そのため、転職時は働く目的を明確に持ったうえで、自分に合った勤務場所を探すといいでしょう
たとえば、地域住民の健康維持に貢献したいのであれば大病院よりもクリニックを選択した方が満足しやすいですし、高給与に強く拘るのであれば美容皮膚科や美容外科が一番高い給与が得られます。

転職コンサルタントに相談するという選択


東京都内は医療機関が多いので目的に合う求人も多いと説明しました。
しかし一方で、求人数があまりにも多すぎてどれを選べばいいのか分からない、というのも本音でしょう。
そんな時は無理に自分で悩まず、転職のプロに相談してみる事をお勧めします。

中でもオススメはメディウェルなどの医師転職に特化した転職サイトに所属している、医師専門の転職コンサルタント
就業条件が良くて離職率の低い優良求人だけを厳選して紹介してくれますし、面接の段取りから条件交渉までの一切を請け負ってくれます
しかも大変役立つサービスでありながら利用料は無料!

現代の多忙な医師にとっては、転職時に医師転職支援サービスを使わない手はないと言えるでしょう。